鍼灸治療

鍼灸の適応について<WHO(世界保健機関)より>

一般的に、鍼灸治療は肩こり、神経痛、関節炎ぐらいにしか効果が無いように思われがちですが、多くのつらい症状や病気に効果があります。
最近、NH(米国国立衛生研究所)の見解として鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効であると発表しました。
WHO(世界保健機関)で鍼灸治療の有効性を認めた病気には、次のものを挙げています。

【神経系疾患】
◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】
関節炎◎リウマチ◎頚肩腕症候群◎頸椎捻挫後遺症◎五十肩・腱鞘炎◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、ムチ打ち、捻挫)

【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動機・息切れ

【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分泌系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴り・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食慾不振、不眠)小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎、夜尿症、虚弱体質の改善

鍼灸についてのQ&A

鍼は何でできているのですか?
現在、もっともよく使われている鍼ですとステンレス製です。
素材としては他には金または銀を含む合金もあります。
鍼は痛くないのですか?
治療に用いる鍼は、直径が髪の毛ほどの細さで、せいぜい蚊に刺されるほどの痛みです。
初めての方は、「なんだ、この程度ですか」と予期していた痛みと比べるとほとんど無刺激なのに驚かれます。
鍼は、裁縫針や注射針とは異なり、出来るだけ痛みを伴わないような尖端の形状で、しかも私たちには可能な限り無痛で刺入をする事ができる独特の技術があります。
鍼の消毒はどうなっていますか?
鍼だけのことを言いますと通常は「ディスポーサブル(使い捨て)鍼」を使用している鍼灸院が大半です。
ディスポーサブル鍼は一回使用ごとに廃棄されます。
鍼灸は、健康保険が使えますか?
1神経痛・・・例えば坐骨神経痛など。
2リウマチ・・・急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの。
3腰痛症・・・慢性の腰痛、ギックリ腰など。
4五十肩・・・肩の関節が痛く挙がらないもの。
5頚腕症候群・・・頚から肩にかけてシビレ痛むもの。
6頚椎捻挫後遺症・・・頚の外傷、むち打ち症など。

健康保険が使える疾患はございます。
かかりつけ医師の同意書が必要となります。
その他これらに類似する疾患等。詳細はまきの木接骨院鍼灸担当者へお尋ね下さい。
お問い合わせ トップページ まきの木接骨院 東松山 まきの木接骨院 深谷